トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

DELL Inspiron Mini 10v

DELL Inspiron Mini 10v買いました。2010年2月23日、24,880円。

仕様は、Atom N270 1.6GHz、Windows7 starter、1GBメモリ、160GBハードディスク、画面は10.1インチ1024×600。(→DELLのページ →Inspiron Mini 10v 1011のサポート(ドライバなど)
Windows7 starterでは壁紙が変更できないので、むりかべでデスクトップの壁紙を変更し、ついでにレジストリエディタでログイン画面の壁紙を変更。あわせてコントロールキーとキャップスロックキーも交換。ついでにWindows Vista/XP/2000/NT4.0のキー配列の変更方法も参考にして左無変換キーを左altに変更。
とりあえず導入したアプリケーションは、Truecrypt、Tombo、Firefox、Emeidtor、Adobe Reader、VideoLAN、AVG(後にMicrosoft Security Essentialsに)。

2015年4月6日にはメモリを2GB(D2/N800-2G/E (S.O.DIMM DDR2 PC2-6400 2GB)使用)に増設。以下のサイトを参考にしました。OSはWindows7Starterですが、1280x1024の外部モニタをつなぎ、まだ現役で使っています。


2015年8月8日にはWindows10へアップグレード。これでWindows7 "Starter"の呪縛から逃れることができました。デスクトップの設定に加え、無線LANの共有もVirtual Routerで簡単にできました。
Connectifyはアンインストールして代わりにVirtual Routerをインストールします。そのままでは使えませんでしたが、コントロールパネルのネットワーク接続でワイヤレスネットワーク接続の共有にチェックを入れ、タスクマネージャーでVirtual Routerのサービスを開始することで使えるようになりました。
もともとこの個体は解像度が1024x600ということと、メモリを2GBに増設したことも大きいです。
ちなみにmini10vだからということではありませんが、Windows10の背景設定は色の制限があるので、デスクトップの背景色を自由に変更するを参考に、

control /name Microsoft.Personalization /page pageWallpaper

として変えてみました。

【その他参考サイト】


2016年6月25日には、Windows10をクリーンインストールしなおしました。


 Ubuntu

PartitionManagerでドライブの後ろに拡張パーティションを作成しそこへUbuntuを導入しましたが、最初は無線LANが使えませんでした。
ちなみに、ubuntuは、1004LTSを/dev/sda5へ導入し、ブートローダーgrub2も同じ/dev/sda5へ。今まではMBMかgrubをMBRに入れていましたが、今回はMBRをいじらずbcdeditによってマルチブートとしました。

その後2010年6月11日にInspiron mini 10v で Debian - 3Ubuntuは初期状態ではrootが使えない(パスワード未設定)ようになっているを参考にドライバを入れ替えたところ、無事無線が使えるようになりました。


 TinyCoreLinux

無線

TinyCoreLinuxで無線を使う場合は、/syslinux.cfgをいじってAPPEND行にblacklist=b43,ssbを追加した上でwl-modules-3.0.3-tinycore.tczを導入します。そのinfoファイルに書いてあるとおり

>sudo modprobe cfg80211
>sudo modprobe lib80211_crypt_wep
>sudo modprobe lib80211_crypt_ccmp

としてやればドライバを認識しますので、あとは普通に無線ツールを起動しましょう。ただ、wpaはもう少し設定が必要です。

>sudo wpa_supplicant -Dwext -ieth1 -cwpa_supplicant.conf -B
>sudo udhcpc -i eth1

とやってwpaで接続し、IPアドレスを取得しましょう。もちろん、wpa_supplicant.confが作られているのが前提です。また、TinyCoreLinuxでデバイスを認識させるとeth1になりました。

なおmini10vでブートメニューを出すには起動時にF12キーを押し続けます。USBメモリからの起動などではこれでメニューを出してから起動したいデバイスを選択します。TinyCoreLinuxを使うときは、上記Ubuntuのパーティションにインストールしているのでなければ必須の操作です。

ちなみに、上記についてbroadcom-wl-5.100.138を拾ってきて

sudo mkdir /lib/firmware
sudo b43-fwcutter -w /lib/firmware broadcom-wl-5.100.138/linux/wl_apsta.o >/dev/null
sudo modprobe b43
sudo wpa_supplicant -iwlan0 -cwpa.conf &
sudo udhcpc -iwlan0

とやってもできます。もちろんb43-fwcutterパッケージは、tce-loadしてくださいね。


解像度

私のmini10vは1024x600ですが、TinyCoreLinuxでフルに使うためにはxorgに加え915resolution.tcz, graphics-3.16.6-tinycore.tczが必要でした。


 PuppyLinux

Mini10vでUSBメモリに入れたPuppyLinuxを使うには、

  1. まず、precise-550JP.isoをダウンロード。
  2. 次にUNetbootinをダウンロード。
  3. USBメモリを入れUnetbootinを起動し、ディスクイメージで先ほどのPuppyLinuxを選択、USBメモリにインストール。
  4. このままでは起動しないので、USBメモリのルートにあるsyslinux.cfgをテキストエディタで開き、カーネルとRAMディスクの指定を書き換える。
kernel /vmlinuz pmedia=cd pfix=fsck
append initrd=/initrd.gz

これで起動するはず。


 Windows 7 Starterでこれまで実際に困ったのは以下の3点


1. 壁紙が変更できない

対策としては、フリーウェア「むりかべ」で対応。

2. インターネット接続の共有ができない

対策としては、インターネット接続(有線でも無線でも)を無線で共有する場合は、フリーウェア「Connectify」の古いバージョン(新しいバージョンは制限がきつく使い物にならないため)で対応。
ホテルでこのマシンをインターネットにつなぎ、Connectifyを使ってその接続を複数のiPhoneでwifiにより共有することができます。
なお、インターネット接続を有線で共有することについてはニーズがないためやったことがありません。

3. 複数のアプリケーションを動作させるとメモリが足りなくなりスワップにより遅くなる

これは単なるOSの制限というよりも、このOSがインストールできるPCの使用をMicrosoftが2GB以下のマシンに制限したために起きた現象。
もともとネットブックを想定したOSのため、この点についてはPC(とOS)を変える以外に解決策が思いつかない。
ただし、mini10vについては、ほぼ全分解が必要ですがメモリを2GBまでは増設できます。(増設しました)